• トップに戻る

媒体詳細情報

媒体

訪関西アジア人旅行者向けトラベルマガジンに広告掲載が可能。季刊(年4回)15万部発行。6万部を海外7カ国にて現地配布、9万部を日本国内配布。関西エリアを旅行する外国人旅行者に、国内外からリーチできます。

【媒体概要・コンテンツ】
関西(大阪・京都・神戸)を訪れる外国人旅行者にリーチできるトラベルマガジンに掲載が可能。
年4回、15万部発行、英語・中国語・韓国語・タイ語表記でアジアを中心とした海外7カ国での現地配布、
および関西国際空港、関西エリアの主要観光地で設置配布を行うことで、ターゲットに訴求できます。

【配布エリア・配布方法】
約6万部をアジア7カ国(台湾、韓国、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア)の関西エリアへの関心が高い方々に
現地の旅行会社が直接配布、また現地旅行会社のカウンターや旅行イベント会場に設置配布しています。
残り約9万部は日本国内の空港や駅、市街地の外国人観光案内所、外国人旅行者の利用が多いホテル、人気の観光地や商業施設などに設置配布することで、関西エリアを旅行する外国人旅行者にダイレクトにリーチできます。

【読者層・ターゲット】
訪日外国人の8割以上を占めるアジア人旅行者がターゲットです。
読者は主に20~40代の男女で、約6割が観光、約3割が買い物目的で訪日。
グルメや化粧品から薬・食品などの消費行動が期待できます。

【広告形態・その他】
B5版オールカラーの誌面に広告掲載が可能です。

広告出稿事例

広告出稿実績と傾向
期間:2016年4月~9月中、2誌(4-6月、7-9月)を調査
発行サイクル:季刊
エリア:関東・甲信地方, 近畿地方, 海外

関西を訪れるアジア人観光客向けの無料情報誌。
広告全体の内、百貨店・商業施設、交通、化粧品で約40%
その他、レジャー施設など観光客向け広告の出稿が多い。
ナショナルクライアントからの出稿もあり。


【交通関連】広告全体の約20%
毎号継続して出稿あり、
リピートしているクライアントも多数。

クライアント例:
・阪急阪神ホールディングス(表4 2回)
・京阪電車(4C1P 2回)
・JR西日本(見開き4C2P)


【百貨店・商業施設】広告全体の約10%
毎号継続して出稿あり、
リピートしているクライアントも多数。

クライアント例:
・阪急百貨店(表2見開き 2回)
・グランフロント大阪(見開き4C2P 2回)
・マルイ(4C1P 2回)


【その他】
■化粧品
・カネボウ化粧品(見開き4C2P 2回)
・資生堂(4C1P)

■レジャー施設
・海遊館(4C1Pなど 3回)
・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(4C1P)

媒体データ

属性

観光客・旅行客

年代

30代
40代

性別

両方

配布エリア

関東・甲信越地方
近畿地方
海外
千葉県
東京都
京都府
大阪府
兵庫県
海外

配布場所

自宅
交通関連
スーパー・デパート
ホテル
その他

刊間

季刊

発行月

3月
6月
9月
12月

発行部数

150,000

広告形態

掲載
編集タイアップ
その他

判型・販促物

B5系

広告実績(商材)

化粧品
アパレル・貴金属
金融・投資
旅行
エンターテイメント
飲食
不動産・リゾート
メーカー・通信
サービス

その他

広告出稿不可業界

消費者金融
その他

創刊日

2010-12-10
Findstar メディアカタログデモ版お試しご希望の方はこちら

注意!ご利用前に必ずお読みください。

広告媒体選びに失敗しない3つのチェックポイント

  1. 広告出稿を検討する際には、訴求したいターゲットがどれほどいるのか確認して下さい。
  2. 広告を媒体に出稿する前に、その同封広告の出稿実績がどれくらいあるのか確認して下さい。同業他社が出稿していることが望ましいです。
  3. サンプリングがしっかり配布するための体制について確認して下さい。

このサイトでは、プロモーションについて打ち合わせをする前に専用メッセンジャーでやりとりができるから安心!

広告媒体ドットコムのご利用について

  • 広告媒体では、色々なメディアを掲載しています。お探しの広告媒体を探すには、「広告媒体・出稿事例を検索」から広告媒体探しに必要な条件をチェックして、「検索」ボタンをクリック。
  • 条件に該当した広告媒体が検索結果画面に表示されます。
  • 探している広告媒体がありましたら、その行をクリックすると該当する広告媒体の詳細ページにて内容を知ることができます。
  • 該当する広告媒体のお問い合わせをしたい場合、お問い合わせリストにその広告媒体を追加して問い合わせをして下さい。同時に5つの広告媒体までお問い合わせが可能です。
    ※事前に会員登録(MYニッチメディアへの登録)が必要になります。
  • MYニッチメディアから、お問い合わせ内容について専門家とやりとりができます。